グレースマーヤ写真
グレース・マーヤ(Grace Mahua)
/Vocal,Piano
3歳からクラッシック・ピアノ、ヴァイオリン、バレエを習い始めて、4歳でピアノ・コンクール入賞。9歳で夏期留学したパリではピアニスト、ルセット・デカーブ氏に師事。

日本語・英語・ドイツ語・フランス語に堪能で、1997年にはドイツに留学。トップの成績で入学したフライブルグ国立音楽大学を卒業後、2001年に大学院に進学して音楽研究の研鑽を積む傍ら、コンサート活動を続ける。2003年帰国後は、ジャズ&ブルースをルーツにする実力派シンガー兼ピアニストとしてライブ活動を国内でスタート。

愛くるしい、キュートなルックスと持ち前の親しみやすいキャラクターで、忽ち人気者になる。また、低音の魅力を発揮した、セクシー・ハスキー・ヴォイスは多くのファンを魅了している。

2006年10月に発売されたファースト・アルバム「The Look of Love」では、現在のジャズフュージョン・シーンをリードする若手ミュージシャンを起用し「キャラヴァン」や「マイ・フェーバリット・シングス」などのスタンダード・ソングから「マイ・ウェイ」、「リボン・イン・ザ・スカイ」などのポップス曲まで幅広く歌い時代に捉われない、新しい感覚がグレース・マーヤを印象付ける、衝撃的なデビュー作となった。

2007年2月には老舗ジャズスポット「DUG」での最後を飾るライブを収録したジャズ史に残るダイブ・アルバム「Last Live at DUG」を発売すると、早くも次作の製作に取り掛かり同年10月には、3枚目のアルバム「Just The Two of Us」を発表。アレンジャーにはポップス・シーンで数多くのアーティストを送り出してきた、笹路正徳等を起用。待望のオリジナル楽曲を2曲収録し、ジャズ、ポップス、ソウル、ラテンと幅広いジャンルのヒット・ナンバーをヴォーカル・スタイルに徹して挑戦した意欲作となった。また、FM放送でのバイリンガル・パーソナリティが好評を得て、その隠された才能が開花した。

2008年7月には4枚目のアルバム「The Girl from Ipanema」を発表し、ボサ・の新女王誕生とささやかれるような反響を得る。現在は全国各地でのライブ・スポットをを中心に、益々意欲的な音楽活動を続けている。

【オフィシャルホームページ】
http://www.gracemahya.com/

Dolphy JazzSpotJAZZ SPOT 「DOLPHY」
横浜市中区宮川町2-17-4 第一西村ビル2F 045-261-4542

Copyright (C)2006 JazzSpot「DOLPHY」 , All rights reserved